マイクロ法人

マイクロ法人向けの会計ソフトを徹底比較(freee/マネーフォワード/弥生会計)

会計ソフト
困った人
困った人
マイクロ法人を経営するために、最適な会計ソフトを教えて欲しい。

そのような疑問をお持ちの方へ、丁寧に解説する記事となります。

この記事をみていただければ、「会計freee」、「マネーフォワード クラウド会計」、「弥生会計」のメリット・デメリットが分かり、読者にピッタリの会計ソフトが分かります。

マイクロ法人の会計・申告とは

個人事業主の確定申告は、会計ソフトだけで済みますが、
法人の申告を自分で行うには、下記2つのソフトが必要です。(税理士へ依頼しない場合)
①会計ソフト
②申告ソフト

税理士へ依頼する場合は、①会計ソフトのみでOKです。

本記事では、「①会計ソフト」について解説します。

クラウド型とインストール型の比較

会計ソフトには、クラウド型とインストール型の2種類があります。
比較表を、下記に示します。

クラウド型は、
自動仕訳ができるというメリットがある反面、
ネット環境が必要、操作速度が遅いというデメリットがあります。

クラウド型 インストール型
(パッケージ型)
ネット環境 必要 不要
自動仕訳 不可のモノが多い
データの保存先 クラウド上
PC内
(PCの容量を使用する)
操作速度 遅い 早い
インストール 不要 必要
対応OS Windows/Mac
いずれにも対応
ソフトにより異なる
デバイス PC・タブレット
・スマホ
PCのみ
料金 月額・年額課金 主に買い切り
バージョンアップ 不要(無料) 必要
主要なソフト マネーフォワード会計
会計freee
弥生会計オンライン
弥生会計21


自動仕訳
とは、銀行やクレジットカードなどと連携し、自動で仕訳をしてくれる機能です。

自動仕訳によるメリットは、
・入力の手間を省けること
・間違いを減らせること

ある程度の仕訳の数があれば、
自動仕訳ができるクラウド型の会計ソフトの方が、圧倒的におすすめです。

会計ソフトの比較

「会計ソフト」の主な4つを、下記にまとめました。

各社、複数のプランがありますが、
下記表は、マイクロ法人向けの最小限のプランで比較しています。

freee マネー
フォワード
弥生会計
オンライン
弥生会計22
種類 クラウド型 インストール型
プラン料金
(税込)
年額プラン
26,136円/年
(2,178円/月)
年額プラン
35,760円/年

(2,980円/月)
年額プラン
28,600円/年
買い切り
48,400円
バージョンアップ
は無料
相性の良い
ユーザー
簿記知識が
ない人
簿記知識が
ある人
対応OS Windows/Mac
いずれにも対応
Windows対応
(Mac不可)
市場シェア 43.7% 10.5% 28.4%
無料期間 30日 1か月 1年間 無し
ユーザー上限 3名まで 2部門まで 1人 1人
連携可能な
申告ソフト
全力法人税
法人税の達人
freee申告
全力法人税
法人税の達人
全力法人税
法人税の達人
全力法人税
楽々法人税
法人税の達人
トラブルの多さ 多い 少ない 少ない
見積・請求・納品書
の作成
×
MISOCA
別途要契約
給与
社会保険
×
人事労務ソフト
別途要契約
×
やよいの給与明細
オンライン
別途要契約
×
やよいの給与明細
別途要購入
チャット
メール相談
プランによる プランによる
電話相談 × × プランによる プランによる

※2021/7時点

各社のメリット・デメリットなどの詳細は、後述しますが、
おすすめの会計ソフトは、「会計freee」と「マネーフォワード クラウド会計」です。

この2社は、仕訳の入力方法が全く異なり、好き嫌いが分かれますので、最初に両方を使っていただくことをオススメします。

2社ともに30日間無料ですので、無料期間中にどちらがよいかを選んでいただき、
使わない方は、すぐに解約していただければと思います。

会計freee(外部リンク)

マネーフォワードクラウド会計(外部リンク)

それでは、各会計ソフトについて解説していきます。

会計freee

会計freeeとは、
freee株式会社が開発・販売している「小規模企業向けのクラウド型会計ソフト」です。

「はじめての経理でも簡単でミスなく使える会計ソフト」を目指したサービスです。

引用:会計freee

会計freeeのメリット

会計freeeのメリットは、
簿記の知識が少ない人でも使いやすいよう、仕訳の入力方法が従来と異なっています。
会計freeeメリット

会計freeeのデメリット

会計freeeのデメリットは、
①メンテナンスの頻度が多く、メンテナンス時間も長いこと(口コミより)
②給与や社会保険の管理には、別途人事労務ソフト(月額2178円~)が必要となる
(マネーフォワード会計の場合、追加料金がかからずに使用できる)
③簿記に慣れている人には使いづらい
④クラウド型のため、操作が少し遅い

会計freeeの料金プラン

会計freeeの料金プランは、下記の3種類があります。

マイクロ法人の経営では、ミニマムプランで十分です。
ミニマムプランの年払いの場合:年額26136円(税込)です。会計freee料金
引用:会計freee

会計freeeをオススメできる人

会計freeeをオススメできる人は、
①簿記の知識が少ない人
②とにかく費用を安く済ませたい人
です。

マネーフォワード クラウド会計

マネーフォワード会計とは、
株式会社マネーフォワードが開発・販売している「小規模・中小企業向けのクラウド型会計ソフトです。

バックオフィスの様々なデータを連携し、業務を自動化する。
経理に加えて、人事労務の面倒な作業を効率化するクラウドサービスです。

マネーフォワード概要
引用:マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワード会計のメリット

マネーフォワード会計のメリットは、
①会計ソフトの契約だけで、給与・社会保険の管理サービスも使える
②トラブルが少なく、メンテナンス時間が比較的短い(口コミより)


引用:マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワード会計のデメリット

マネーフォワード会計のデメリットは、
①仕訳の入力方法が従来通りのため、簿記の知識が少ない人には難しい。
(簿記の知識がある人には、デメリットになりません)
②クラウド型のため、操作が少し遅く感じる
③会計freeeの利用料金と比較して、年額1万円程度高い

マネーフォワード会計の料金プラン

マネーフォワード会計の料金プランは、下記の2種類があります。

マイクロ法人の経営では、スモールビジネスプランで十分です。
スモールビジネスプランの年払いの場合:年額35760円(税込)です。

引用:マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワード会計をオススメできる人

マネーフォワード会計をオススメできる人は、
①簿記の知識がある人
②給与・社会保険の管理サービスも使いたい人
です。

弥生会計オンライン

弥生会計オンラインとは、
弥生株式会社が開発・販売している「小規模企業向けのクラウド型会計ソフト」で、
「はじめてでもスグに使える、かんたん、やさしいクラウド会計」を目指したサービスです。

弥生株式会社は、30年以上の歴史がある老舗会計ソフトメーカーです。

弥生株式会社の商品には、
クラウド型の「弥生会計オンライン」と、インストール型の「弥生会計21」の商品があります。

ここでは、クラウド型の「弥生会計オンライン」を解説します。
※インストール型の「弥生会計21」については後述します。


弥生会計オンラインのメリット

弥生会計オンラインのメリットは、
「弥生株式会社の会計ソフトは古くからの実績があり、信頼できること」のみです。

辛口評価ですが、「会計freee」や「マネーフォワード会計」とは違った
弥生会計オンライン独自の強みはないと思います。
弥生会計オンライン特徴
引用:弥生会計オンライン

弥生会計オンラインのデメリット

弥生会計オンラインのデメリットは、
①仕訳の入力方法が従来通りのため、簿記の知識が少ないには難しい
(簿記の知識がある人には、デメリットになりません)
②給与や社会保険の管理は、やよいの給与明細オンライン(年額4950円)が別途必要となる
③クラウド型のため、操作が少し遅い

弥生会計オンラインの料金プラン

弥生会計オンラインの料金プランは、下記の2種類があります。

2つのプランで機能は変わりません。
唯一の違いは、操作質問・業務相談サポートがあるかどうかだけです。(下記の通り)
相談サポートがないセルフプランの場合、年額28600円(税込)です。

セルフ
プラン
ベーシック
プラン
1年目の料金 無料 15,000円
2年目以降の料金 28,600円 30,000円
操作質問・業務相談
サポート
なし
※最大2か月のみ
電話/メールサポートあり
電話/メール/チャットで
可能

 

弥生会計オンラインをオススメできる人

弥生会計オンラインをオススメできる人は、①②の両方を満たす方です。
①簿記の知識がある人
②とにかく費用を安く済ませたい人

繰り返しになりますが、「会計freee」や「マネーフォワード会計」とは違った
弥生会計オンライン独自の強みはないと思います。

 

弥生会計22

弥生会計22とは、
弥生株式会社が開発・販売している「小規模企業向けのインストール型会計ソフト」です。

「過去売上実績No.1の会計ソフトで、会計業務に必要な機能をしっかりカバーする」サービスです。

前述の「弥生会計オンライン」はクラウド型であり、「弥生21」はインストール型になります。

この章では、インストール型の「弥生会計21」を解説します。

引用:弥生会計22

弥生会計22のメリット

弥生会計22のメリットは、
①インストール型のため、操作速度が速い
②インストール型のため、ネット環境不要
③買い切りのため、次年度以降の費用がかからない
(次年度以降バージョンアップは必要であるが無料)


引用:弥生会計22

弥生会計22のデメリット

弥生会計22のデメリットは、
①仕訳の入力方法が従来通りのため、簿記の知識が少ない人には難しい
(簿記の知識がある人には、デメリットになりません)
②給与や社会保険を管理したい場合は、やよいの給与明細ソフト(年額4400円程度)の購入が、別途必要となる
③毎年、新しいバージョンへの更新が必要で手間である(費用は無料)

弥生会計22の料金プラン

弥生会計22の料金プランは、「スタンダード」と「プロフェッショナル」の2つあります。
マイクロ法人の経営であれば、「スタンダード」で十分です。

細かい違いを知りたい方は、下記リンクをご覧ください。
外部リンク(弥生会計)
弥生会計料金
引用:弥生会計21

また、スタンダードのなかでも、あんしん保守サポートの3つのプランがあります。
最もコスパフォーマンスがよいのは、ベーシックプランです。

スタンダードのベーシックプランの場合、年額48400円(直販価格)です。

引用:弥生会計22

弥生会計22をオススメできる人

弥生会計22をオススメできる人は、
①ネット環境がない人
②操作速度にこだわる人
③長期目線で費用を安く済ませたい人

弥生/弥生会計 22 スタンダード 通常版/YTAR0001

価格:42,092円
(2021/12/11 21:57時点)
感想(0件)

 

最後に

いかがでしょうか。
マイクロ法人向けの会計ソフトについて、理解いただけましたでしょうか?

前述の通り、
おすすめの会計ソフトは、「会計freee」と「マネーフォワード クラウド会計」です。

特に、簿記の知識がない人は会計freee、
簿記の知識がある人はマネーフォワードクラウド会計を、オススメします。

ただ、この2社では、仕訳の入力方法が全く違い、好き嫌いが分かれますので、試しに最初は両方を使っていただくことをオススメします。

2社ともに30日間無料ですので、無料期間中にどちらがよいかを選んでいただき、使わないほうは、すぐに解約していただければ余分な費用はかかりません。

会計freee(外部リンク)

マネーフォワードクラウド会計(外部リンク)

ツイッターもやっておりますので、フォローいただけるとうれしいです!

ワクワク小僧のツイッターアカウント

 

また、必要に応じて、下記のマイクロ法人の記事も読んでいただければと思います。

マイクロ法人
「マイクロ法人」と「個人事業主」の二刀流で節税する方法と実践例を解説 そのような疑問をお持ちの方へ、丁寧に解説する記事となります。 この記事を読んでいただければ、下記のことがわかります。 記...
マイクロ法人設立
【完全版】マイクロ法人の作り方(設立方法)を徹底解説 そのような疑問をお持ちの方へ、丁寧に解説する記事となります。 この記事を読んでいただければ、マイクロ法人や小規模な法人の会...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA